どうして桐生に物語?

2015年4月、桐生市は、「地域の歴史的魅力や特色を通じて、

我が国の文化・伝統を語るストーリー」として文化庁が選定する

「日本遺産(Japan Heritage)」に、「かかあ天下 ぐんまの絹物語」の1地域として初めて認定されました。

近代化を支えた絹織物の産地、最先端の文化発信の舞台として、

桐生という織物(面)を紡ぎだす一つひとつの糸(点)となるストーリーをお届けします。

どうしてカタログギフト?

桐生には、機織りで賑わっていた当時から、「おもたせ」の文化がありました。

せっかく来てくれた客人には手ぶらでは帰らせない。地元の手土産を持たせる。

そして受け取った客人は、結果として桐生を周りに広めてくれたのです。

贈られたのはモノではなく、気持ち。このカタログが、そんな「おもたせ」の文化が

 時代を越えて受け継がれる、想いを贈る新しい形になれば。


「桐生物語」のご利用・購入方法

ご利用方法


①カタログ「桐生物語」を購入する

②大切な方へカタログを渡す・贈る

③受け取った方が、カタログから好きな商品を選び、同封ハガキで注文すると、桐生のこだわり商品をご自宅へお届け!

 

購入方法


「桐生物語」の購入は、以下よりお選びいただけます。
① 取扱い協力店舗・施設で購入
※店舗・施設情報は随時追加更新していきます。

【桐生市内】

■ コミュニティスペース「ココトモ」 (桐生市本町5丁目51番地 東武桐生ビル1階)

 NPO法人キッズバレイ運営のスペースとなりますので、どなたでもお気軽にお立ち寄りください。

■ モギカバン       (桐生市本町5丁目)

■ 矢野園         (桐生市本町2丁目)

■ 新桐生駅売店「ほほえみ」  (桐生市広沢町)

■ わびさびや       (桐生氏新宿3丁目)

■ 桐生商工会議所     (桐生市錦町3丁目)

■ 藤屋本店        (桐生市本町1丁目)

【東京都内】
■ ぐんまちゃん家(銀座にある群馬県のアンテナショップ) ※4月末までの期間限定販売

※在庫がない場合がございますので、不安な場合は店舗へ事前にお問い合わせください。

② オンラインでのご注文
こちらから、オンラインでの購入が可能です。
※別途送料がかかりますのでご了承ください。
③ お問い合わせフォームよりご注文
事業者・団体様のお歳暮・お中元や、結婚式の引き出物、その他各種イベントなどでのまとめてのご注文や、その他ご注文にあたっての確認、相談事項がある場合には、こちらのお問い合わせフォームよりご注文ください。


以下より、カタログ「桐生物語」に掲載されている商品をご覧いただけます。各ページをクリックすると大きく表示されます。

 ※商品のご注文は、購入いただいたカタログに同封のハガキからとなりますのでご注意ください。 

表紙

桐生物語とは

目次

桐生のまち

桐生の自然


桐生の清流が生んだ幅の広いご当地うどん

 お得意様だけで売り切れてしまう幻のお米

300年このまちを支えた商人が復刻した酒と醤油

「きのこの慈父」が生んだ

NO.1メーカーの詰め合わせ

 伊東さんの嘘をつかないこだわり珈琲豆


糸を紡いだまちから生まれた「ありがとう」の桑茶

 思わず声が漏れてしまう和素材ジェラート

「装い新たに、伝統そのままに」

信頼し合う兄弟が作る手仕事せんべい

80種類の色鮮やかな帯に包まれた

人に贈りたくなる羊羹

桐生の誇りを身にまとう、世界が認めたマフラー

 新しい生活スタイルを奏でる超撥水風呂敷


夫婦の技と想いが交差するマット&コースター

 ロンドン経由、桐生発、全て刺繍のネックレス

敏感肌のスタッフから生まれた

肌想いのシルク石けん

桐生織の祝帯で作られた贅沢なブックカバー

半生ひもかわ × うま香つゆの素

くろほの雫 × 炊き込みごはんの素

和素材ジェラート × OLNコースター

 和素材ジェラート × 伊東屋珈琲豆


新浜せんべい × ぐんまの桑茶

帯羊羹 × ぐんまの桑茶

帯羊羹 × 新浜せんべい

帯羊羹 × 伊東屋珈琲豆

伊東屋珈琲豆 × OLNコースター

申込方法・注意事項

アクセスマップ

裏表紙



「桐生物語」のコンテンツ

「桐生物語」のギフト内容を詳しくご覧いただけます。

「桐生」の地から、こだわり抜いた逸品を生み出す作り手とは。

「桐生物語」に掲載されている商品のご注文はこちらから。

「桐生物語」の各種お問い合わせはこちら。